相続手続

「相続税が安くなる人、高くなる人②」

配偶者の税額控除とは配偶者が相続税において優遇されることで、その相続した分について遺産総額の法定分割合か、1億6,000万円のうちいずれか多いほいの範囲内で相続税をかけないというルールがある。ただ、何もせずともこれが見とまられることはなく、相続税の申告までにこの特例を利用したい旨を税務署に通達する必要があるので注意しよう。

 

PAGE TOP