後継者に関する記事

企業オーナーの相続のポイント

事業を承継するには、オーナーから後継者へと経営権を委譲する必要がある。つまり、自社株式の譲渡しによって、言経営者が経営権を後継者へ受け継がせることで事業承継は成立するのだ。では、この引渡しとはどのように行われるのか。相続時の贈与、生前贈与など様々な手段がかんだ得られるが、注意しなくてはならないのは、...

財産分与の不公平をなくす簡単な方法

故人の遺産を分ける中では多くの揉め五知や、手続上のトラブルが発生しうる。多くの場合、そうしたいざこざはすぐに解決されるか、少なくとも深刻な事態に陥ることなく適当なところで収まるのだが、時には争いの種に火が付き、予想だにしなかったような、遺族の間の亀裂を生んでしまうことがある。 その中でも特に多いのが...

これから稼ぐはずが…安易な事業承継の落とし

株式会社Aの社長I氏は、創業者であった父を亡くし、後を襲ううこととなった。 彼は父親の保有する、会社の発行株式をすべて相続し、代表取締役としての登記も完了させたところ。また、融資を受けている各金融機関とも、保証人の切り替え等に関する手続きをすでに済ませてあるなど、相続対策には万全の構えを見せる。 A...

倒産を防げ!中小企業の事業承継

政府は3月27日、親族以外の従業員が中小企業の経営権を引き継ぎやすくなるよう「憧憬円滑化法」の改正案を閣議決定した。中小企業経営者の高齢化が進む一方少子化により親族内の後継ぎが減少したことを受け、親族以外の人物でも受け継ぎやすくしようというのが狙いだ。   実際、帝国データバンクの調べによ...

熾烈なる親子バトル、ついに決着

大手家具メーカー大塚家具のトップ争いが、とうとう終局を迎えた。同社は3月27日に株主総会を開催、経営権を現会長の勝久氏と久美子氏のいずれに付与するかを問うた。 その結果、久美子氏に軍配が上がり、同氏の続投が決定する一方、勝久会長の退陣が決定したのだ。   今回の内紛は、最終的には経営権を巡...

親子バトルはなぜ起きた?――加熱する大塚家具のお家騒動

大塚家具は3月6日、27日開催の株主総会の招集通知を発送した。 総会では、経営の主導権をめぐり、大塚勝久会長と久美子社長の親子争いが焦点となる見通しだ。 二人はそれぞれ、互いを経営陣から外した取締役案を提案。総会では過半数による議決がなされるが、出席しない株主は委任状で意思表示する。 今回の騒動が「...

今からできる、事業承継の準備

我が国の高齢化が叫ばれるようになって久しいが、内閣府の調べでは2013年現在で高齢者人口(65歳以上)は、約3,190万人と過去最高を記録し、人口の4分の1以上を高齢者が占めている。 経営者が高齢化すると、新しいビジネスモデルを変化し、時代の変化についていくことが難しくなったり、後継者を選出・教育す...