天比登都箸

・お箸の名前

 My箸のブランド名:商標出願中

  天寿の天比登都箸 (あめのひとつはし)

   世界に一つの箸。

       お箸、2本の棒が揃って、2本の棒の協同作業で、食事の用をなします。

       相続も、する方、される方の協同作業で円滑な手続きに繋がります。

       健康長寿を願うお箸。

       お食い初めからお世話になるお箸。

       お箸の話(生まれた頃の話)から、相続の話をしてみるのはいかがでしょうか。

       天比登都箸は、お箸の製造メーカーにて作成可能です。

        

ご参考:國際箸学会 (kokusai-hashi.org)

       

 リコジェのホームページに「発明リコジェ」を作成しています。

特許、実用新案、意匠、及び商標の利活用を勧めるキャラクターを公開しています。

このキャラクターを用いて、「卑弥呼、鬼道から知財道へ」の本の栞を作成中です。

邪馬台国の正確な位置はいまだ特定されていませんが、長崎県の壱岐・対馬を経由して

魏の都に使節団を派遣したのは確定していると思います。

本の栞の図案は、発明をつくる街、つくば、で活躍中のデザイナーに依頼しています。

全国の卑弥呼ファンの皆様、相続の本を読む皆様の本の栞にご活用をいただけると幸いです。