相続手続

「遺産分割、もめる原因と対策①」

遺産を分けるにあたっては、そのような財産があるのか、そしてそれをどう分けるのかについて遺族の間で話し合う必要があり、それを遺産分割協議というのだが、その際話し合いがうまくいかず、もめてしまうことがある。もちろん、その原因にはそれぞれのご家庭の事情や背景があり、単位の事由に帰されるものではないのだが、それでも相続事件には、もめる原因に関してある程度のパターンないしは傾向があり、それを知っておくことでトラブルを避ける対策も立て行くなる。今回は、もめる原因として特に多いものを行くtかあげ、その対策を検討してみよう。

 

初心者の方でも思いつきやすい原因は、分割しにくい高額の物件があることだ。預金や、市場で売却できる有価証券などはたとえ高額であっても比較的容易に分割できる。しかし、自宅不動産や経営する会社の株式など、分割しがたいものが財産となるとそうはいかない。一部の相続人の所有とすると不公平となるし、共有するとなると、その運用や処分について意見が対立し、収拾がつかなくなることが多いのだ。

 

まず、自宅不動産はそのままでは分割することができない。もっとも簡単な分け方は、売却して、その代金を分割するというものだ。各相続人が売却を承諾した場合箱の分け方をお勧めしたいのだが、厄介なのは、被相続人の配偶者など一部の遺族が住んでいて、愛着が強い、出ていこうにも転居先がないなどの事情がある場合。実際、年配者の方は賃貸物件を借りようにも業者から敬遠される傾向にあるため、新しい入居先が見つからないというケースは少なくない。また、共有して各相続人の持物とすればよいではないか、という声もあるかもしれないが、不動産の共有者はその不動産全体を利用する権利を持っており、他の共有者の利用を制限することはできない。そのため、たとえば台所と何度は自分のものだから使うなと他の共有者にいうことができず、どうしてもプライバシーの問題が出てくる。その意味で、共有してみんなで住もうというのは、家族関係が良好な家庭ならともかく、そうでないと現実的な選択肢とは言えない。やはり不公平が生じるのを覚悟のうえで一部の相続人が不動産を持ち、代わりに現金などを他の相続人に渡し、埋め合わせをするというのが現実的な選択肢だろう。

PAGE TOP