相続財産

「相続と贈与――その違いは?④」

相続税同様、贈与した財産に関しても非課税となる財産の種目が定められている。具体的には、(1)香典や祝儀など社会通念上認められる範囲での贈答、(2)必要と認められる範囲の贈与社からの生活費や教育費、(3)法人からの贈与、(4)離婚による財産分与で得た財産のうち、妥当と見られる額の範囲内――以上4種類なら、贈与財産とはみなされずに課税をまぬかれることができる。

PAGE TOP