相続手続

「相続財産の評価⑭非上場株式の評価」

では、具体的にどう計算すればよいのか。はじめに、類似業種比準方式では、類似の業種の株価をもとにして、その会社と類似業種の1株当たりの配当金額、利益金額、および純資産額を計算した比準割合をかけて、その70%(中会社は60%、小会社は50%)で評価するもの。

 

PAGE TOP