相続手続

「相続の専門家――この人は何をしてくれるのか?③」

ただ、弁護士の役割はそれにとどまらない。そもそも彼らは法律の専門家である以上、争いや調停の場で依頼者の代理人となり、彼らを支え励ますのも大切な役割のはずだ。当然、これは相続についてもあてはまることで、遺言書の内容に一部の遺族が不満を唱えたり、そもそも遺言書が無く、どうやって遺産分割すればよいのかもめた場合などに登場することになる。

PAGE TOP