相続手続

「相続の専門家――この人は何をしてくれるのか?②」

弁護士は、相続を扱ったテレビ番組でもおなじみであり、彼らが相続にかかわることはご存知の方も多いだろう。弁護士の求められることの多い役割は遺言書執行人というもので、これは読んで字のごとく、故人の残した遺言書の中身を検討し、その内容通りに遺産分割や相続人の決定などを行うことだ。

 

PAGE TOP